メーカー規制、販売規制商品の見分け方

これは売れそうだ!と思った商品は転売で取り扱いたいところですが、実は転売はどんな商品でもできるわけではなく、メーカーによって販売規制がかかっている場合があります。規制がかかっているものは一目では見分けがつかないものですが、それを見分ける方法についてお教えします。

 カテゴリ:
 タグ:

こんにちは中橋です。

あなたはせどりで『いい商品だなー』って思って
買った結果、メーカーさんより警告文書が来て
出品取り下げた経験ありますか?

実は弊社はかなりイケイケで
仕入れちゃえーって感じで指示しているので

メーカーさんから、国内総代理店と名乗る
方からの恐怖のメールや電話もたまに来ます。。。

こんなメールが来て、無視して販売していくとメーカーさんはAmzonさんへ異議申し立てをして、販売アカウントが停止したりするケースもあるようです。

つまり、恐怖のメッセージが来たらせっかく仕入れた商品でもAmazonでは販売できなくなるのでヤフオクやメルカリなどで安く販売せざるを得なくなってしまうって事です。

会社にもヤフオクやメルカリで売れていない商品だと『不良在庫』としていつまでも会社に居続け、見るたびにちょっと嫌な気持ちになります(汗

こんな状況をみて、僕もいつまでもイケイケで仕入している訳にはいかず。

何か法則がないかなと思って『メーカー規制、販売規制商品』に特徴がないか仕入前にわかる方法はないのかチェックするようになり、ようやくたどり着きました。

上記は通常の商品のモノレートグラフ

メーカー規制、販売規制商品のモノレートグラフ

この違いわかりますか?もう一例

画像真ん中の出品者数グラフにご注目ください。

一番初めの通常の出品規制がかかっていないグラフではなだらかに出品者数の増減が繰り返されています。
それに対してメーカ規制のある商品は売れ行きとは相関性が無く、メーカーより警告が発せられ出品者数が急に減るのでグラフの凹凸が極端になります。

つまり、メーカーから警告が来て、売れ行きとは関係のない不自然な出品者の増減がありますよね。

この方法ですべて防げるわけではないと思いますが
あなたのせどりの活動に役立ててくれればと思っています。

 

The following two tabs change content below.
中橋圭一

中橋圭一

アクティブコンテンツ株式会社代表取締役

2016年からせどりに参入、最高月商1300万円
Amazon転売、yahoo、Amazon転売向け卸サイトを運営する傍ら、せどりの学校グループを創設し仲間と共にせどりで楽しく稼ぐ

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。