【ネット仕入初心者必見】ネット仕入はまずはここから

商品を仕入れるとき、ネットの活用は外せないものですが、ネット仕入れと言われても膨大に商品がありすぎて何を仕入れればいいか分からない、と壁にぶつかることでしょう、では、仕入れるべき商品を見つけるためには何を基準に考えたらいいのでしょうか?

 カテゴリ:
 タグ:

こんにちは中橋です。
今回の記事はネット仕入について書いていこうと思います。
よく周りから店舗仕入ガッツリ系と思われるのですが弊社仕入の約8割がネット仕入で購入しています。
住んでる地域や副業の方にお勧めなのでぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

まず何から調べるのか

ネット仕入を初めてやる方は『何から調べたらいいのか』そこから躓きます。膨大なサイト、モールの数々、膨大な商品数、メーカー、、、いったい何をグーグルさんに検索するの?

このあたりから少しお話します。
僕がせどりを始めた2年ちょっと前に『師匠』と仰ぐ大先輩にお聞きし、言われたのは

まずは、店舗で仕入れた商品をネットで検索してみる事!
これってやるかやらないかで売り上げ1割くらい変わりますよーって言われました

もうちょいネット仕入の割合伸ばしたい人は

過去の商品を『キーワード』と『JAN』で両方グーグル検索してみてほしいです。
過去一年くらいプライスターなど使っている人は遡ると過去に仕入した自分の商品出てきますよね。

Amazon大学データを見よう

せどりの基本って『利益商品』と『高回転商品』って軸で動いてますよね
利益が出ても売れてないって事は不良在庫抱えるって事です

これをさかさまにして、『高回転商品』のリストから『利益商品』探すのはAmazonさんからデータ提供されているのはご存知でしょうか

もし知らない方がいたら早急に



ここから得意なジャンルの商品のエクセルデータを元に『品薄』や『Amazon直販なし』『FBAなし』など選んでランキング上位から検索していく

ツールが便利?

こういったデータをツールを使ってモールで探す
市販のツールでたくさんありますよね

僕は正直新しいツールが出たら、一度はその販売ページを読んでみます。
読んでみたうえで、『作った人がどんな理念で作ったのか?』を確認します。

ネット仕入の記事を書いていますが、実は反ツール派なんです。

便利なツールを使って商品を探す。

同じツール持ってる人1000人いたら同じ結果になりませんか?

データをツールに取り込んで一日100個商品見つかります!的な
これって買った人みんな同じ商品買うじゃん

そして数日後その商品は利益の出ない商品になることは言うまでもありませんが
そんな理由で嫌いですw

原則は『高利益』『高回転』を自分のオリジナルに『差別化』できるかが大切です。

可能性は無限にあり

ネット仕入は時間の効率が良くて、住んでいる地域に左右されない
ネットで楽して稼ぐ!ってホントあると思ってます。

自分も仕入れに使う日数って月に5日ないんじゃないかな?
ネット仕入で今は楽できていますが、根底にある考え方が重要だと思ってます。

ツールを使うと利用者が増える
利用者が増えるとモノレートユーザー数が増える
モノレートユーザー数が増えると出品者が増える
出品者が増えると価格が下がる

こういった原則をしっかり覚えていくと仕入れた後に価格が下がって後悔すること少なくなるんじゃないかな?

 

The following two tabs change content below.
中橋圭一

中橋圭一

アクティブコンテンツ株式会社代表取締役

2016年からせどりに参入、最高月商1300万円
Amazon転売、yahoo、Amazon転売向け卸サイトを運営する傍ら、せどりの学校グループを創設し仲間と共にせどりで楽しく稼ぐ

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。