【最重要】モノレートの基礎知識を徹底的に解説

Amazonでせどりを行う上で欠かせないツール「モノレート」。初めての人にとっては「それなぁに?」と思うことでしょう。モノレートとはAmazonで売られている商品の価格変動や出品者数、ランキングなどのデータを確認することができるツールです。これで今何を取り扱うべきかを把握しておくことがAmazonせどりで利益を出せる第一歩となるのです。

 カテゴリ:
 タグ:

みなさんこんにちは! ひきけいすけです^^

あなたは仕入れをするときに何を参考にして査定をしていますか?目利き?感覚?ランキング?今挙げた基準で仕入れをしている人はこの記事を必ず見てください。感覚より大切なのは【データ】です。

ということで今回は、仕入れの査定時に欠かせないツール【モノレート】について基礎の部分を徹底的に解説していきます。モノレートさえ読めれば初心者でも仕入れは楽勝なんです。
それではご覧ください!

モノレートとは?

http://mnrate.com/
簡単に言うと、アマゾンの商品の様々な情報(販売データ、商品価格、価格推移、出品者数など)を一度に確認できるサイトです。新品、中古問わずモノレートの情報をもとにせどらーは仕入れをしています。モノレートがなくなると仕入れができない人がたくさん出てくるので、たまにサーバーがダウンして検索できなくなるとせどらーたちは焦ります(笑)

各情報の読み取り方法については、動画と文章で解説していきます。モノレートはせどりをするうえで最重要のツールとなります。ですのでより詳しく、わかりやすく解説している動画をぜひご覧ください。

各情報を細かく解説

商品情報


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

商品情報はアマゾンのサイトでも確認できますが、モノレートは重要な部分だけを抜き出してくれています。

商品画像・商品名・カテゴリー・ランキング・新品最安値・出品者数・カート価格

これだけ見れれば査定の情報としては十分です。次からのグラフの読み取り方が非常に重要になります。

グラフ設定

まず前提として、グラフは期間別にみることができます。基本は3か月ですが、1か月で売り切る前提で査定する場合は1か月に設定して見ていきます。今回は3か月で見ていきます。

また、グラフを見る際には以下の画像のように設定を変更していきます。


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

すべて→新品(新品商品の査定前提)
カート価格プライムアマゾン本体→すべてON
(何回か同じ設定にしていると、サイトが設定を記憶します)

これでグラフを見る準備ができました。
グラフは大きくわけて4種類ありますが、それぞれ1つを見るのではなく全体を使って査定をすることになります。

価格推移(最安値)


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

さて、いよいよ重要な部分に入っていきます。

まずは価格推移のグラフ内容です。
平均値:設定したグラフの期間の平均値が表示されます
新品:新品の最安値の価格推移です
プライム:プライム出品者の最安値の価格推移
カート価格:カート価格の価格推移

価格推移は大体3種類に分けられます。

  1. 価格が一定
    利益計算をするうえで価格が一定というのは計算が立てやすいので、売れていればいい商品ですね。
    出品者が1人の時や、アマゾン本体が販売している際に多く見られる傾向にあります。
  2. 緩やかな価格変動
    価格は変動するものの、そこまで利益査定に影響はないことが多いです。
    今の値段で売れているか?
    最低いくらなら売れそうか?
    などの情報を読み取っていきます。出品者が少ない場合やあまり売れていない商品に多く見られます。先ほどの写真のグラフもここにあたりますね。
  3. 価格変動が激しい
    価格が下がる一方の場合と乱高下を繰り返す場合があります。価格が下がる一方の場合はこの先も下がる可能性が高いので、査定は慎重になります。乱高下している場合は、自分がいくらで売るか?というのをあらかじめ決めておく必要があります。

基本的に販売者が意識するのは【カート価格】です。ですのでカート価格で利益査定するのが一般的です。

出品者数


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

こちらもグラフの内容から
平均値:設定したグラフの期間の平均値が表示されます
新品:新品の出品者数の変動です(自己配送含む)
プライム:プライム出品者数の変動です

出品者数を見るうえで大切なことは【出品者数=ライバルではない】ということです。

よく、出品者数が多い=ライバルが多いと勘違いされている方がいますが、重要なのは
【同じ価格(カート価格)で売っているライバルは何人いるか?】なので単純にグラフの数字はうのみにしないでください。カート価格で販売している出品者を確認する場合は、アマゾンのページで直接確認する必要があります。

グラフで読み取るのは【出品者数の増減】です。価格とリンクするのですが
出品者数の増減が少ない場合:価格は安定
出品者数の増減が多い場合:価格は乱高下

する傾向にあります。(必ずしもこのかぎりではありませんが)

あとは出品者数が多いということは

  • 簡単に仕入れられる商品なのか?
  • 今が旬の商品なのか?

などいろいろと考えることができます。

ランキング


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

ランキングのグラフは1本です。このグラフの変動を見ることで、商品が売れているかどうかを判断することができます。ちなみに前提として…
グラフが下がると→ランキングは上がっている
グラフが上がると→ランキングは下がっている

勘違いする人がいるので、上の理論は必ず覚えてください。

アマゾンでは商品ごとに売れ筋ランキングが存在します。当たり前ですが、ランキングが高い商品って売れている商品ですよね。ということは

売れているのでランキングが上がる=ランキングが上がると売れている

ランキングが上がる=売れた】という理論が成り立つわけです。

この理論を基にグラフを見ていくと
ランキングが上がる=売れた

グラフが下がる=売れた

ということになります。

要は、グラフの谷の回数が売れている個数ということになります。試しにこの写真の売れている数を数えてみてください。


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

大体25~30回くらい谷があるのがお分かりいただけたでしょうか?この数値が3か月で売れた個数というわけです。ただし、正確な販売個数を確認することはこのグラフからはほぼ不可能です。なので、おおよその個数で判断していきます。

モノレートユーザー


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

モノレートユーザーとは、その商品のモノレートを確認した人数です。原因はわかりませんが、商品によって出る商品と出ない商品があります。出ない商品に関しては、あまり見られていないという考え方でいいと思います。

モノレートユーザーを見る理由は【商品の注目度を知るため】です。

例えば、僕がブログで「この商品利益出ますよー」というような情報を、モノレートのリンク付きで発信したら見ますよね?そして「ここで買えますよー」って言ったら買っちゃいますよね?(笑)僕のブログの訪問者が500人いたとしたら、悪くても50-100人は見ると思います。すると、モノレートユーザーはこんな感じになります。


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

その後の展開は勘のいいひとならわかると思います。

モノレートユーザーが一気に増える→みんな買うから出品者増える→ライバル多くなって価格競争→利益の出ない値段まで下がってしまうorz

このような展開を避けるためにも、モノレートユーザーが1日とか2日で一気に増えている商品は購入に慎重ならなければいけません。

詳細情報もチェック


※画像をクリックすると拡大してみることができます。

グラフを数値化したのがこの詳細情報です。グラフで読み取りにくい部分は数字で見たほうが間違いないです。特にランキングの数字の変化を見るなら詳細の方が確認しやすいです。

モノレートを見るうえで大事なこと

最初にもいいましたが、モノレートさえ見れれば査定は簡単です。ですが、間違った解釈でデータを見ると大変なことになります。まずはモノレートの知識を一通り理解した上で査定を行っていきましょう。再度大事な部分のみ抜粋していきます。

  • 商品情報
    商品画像・商品名・カテゴリー・ランキング・新品最安値・出品者数・カート価格
  • グラフ設定
    すべて→新品(新品商品の査定前提)
    カート価格プライムアマゾン本体→すべてON
    (何回か同じ設定にしていると、サイトが設定を記憶します)
  • 価格推移(最安値)
    価格推移の3パターン

    1. 価格が一定
    2. 緩やかな価格変動
    3. 価格変動が激しい

    カート価格で利益査定

  • 出品者数
    出品者数=ライバルではない
    【同じ価格(カート価格)で売っているライバルは何人いるか?】が重要
    グラフで読み取るのは【出品者数の増減
    出品者数の増減が少ない場合:価格は安定
    出品者数の増減が多い場合:価格は乱高下
  • ランキング
    グラフが下がると→ランキングは上がっている
    グラフが上がると→ランキングは下がっている

    ランキングが上がる=売れた】という理論
    グラフの谷の回数が売れている個数
  • モノレートユーザ
    商品の注目度を知るため】の指標
    モノレートユーザーが1日とか2日で一気に増えている商品の購入は慎重に
    モノレートは今後せどりをするなら、一生お付き合いしていくツールです。モノレートを見た回数がそのまま査定の経験値となります。次回の記事では、実際にいくつかの商品を事例に出してひきがどのように査定を行っているか?動画を使って解説していきます。
  • 本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

     

    The following two tabs change content below.
    年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

    年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

    株式会社HMore 代表取締役

    年商1億円 最高月商1500万
    利益200万達成
    アマゾン、ヤフーショッピング、ヤフオク等国内転売を幅広く手掛け地域商材OEMなどマルチに躍進
    せどりの学校を運営し過去50人以上に指導する
    月商1000万を達成するなどやわかりやすい指導には定評がある

    転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

    ・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
    ・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
    ・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

    などの特典無料プレゼント!

    せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

    登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。