【超速報】FBA納品先固定解除後のFC振り分け分析

Amazonが5月9日よりFBAの納品先固定を終了、在庫や配送のバランスを考慮し各FC(フルフィルメントセンター)に独自に振り分けるという変更が発表されました。これにより、配送のスピードやコストなどに影響が考えられるため、我々がせどりを行う上でも重要なこととなるのです。どこのFCに振り分けられるかを予測ができれば、変更によって生じる損失を最小限にできるかもしれません。

 カテゴリ:
 タグ:

みなさんこんにちは! ひきけいすけです^^

5月9日よりFBAの納品先固定が終了し、各FCにアマゾン様の独断と偏見で振り分けられる形となりました(泣)今までは関東の出品者なら固定しなくてもほぼ関東に振り分けられていたのですが、どうやら新システムではそのようにはいかないようです。

そこで今回は、僕が運営しているせどりの学校の生徒さんやコンサル生さんに協力をいただいて、現在の納品先の振り分けデータを集計しました!
それではご覧ください!

納品先固定終了前と終了後の比較

まずは納品先が固定されていた時と新しいルールを比較してみましょう。辛い現実が待っていたとしても真摯に受け止めてくださいね(笑)

納品先が固定されていた頃の配送状況

今までは各FCにしか納品できないように【納品先固定の申請】をすることができました。これにより毎回同じFCに送れることになり、配送のスピードや料金の概算を簡単に出すことができました。

アマゾンの出品者にとって、自己配送をやっていない限りはFCまで送る送料がすべてでしたからね。「同じところにたくさん送るから安くして」なんて契約を運送会社さんとしたり、トラックをチャーターして安く大量に配送していた方もいます。

また、固定をしていなくても関東の出品者はほぼ関東のFC、関西の出品者はほぼ関西のFCというように、地域ごとに振り分けが優先されていたかと思います。

また、去年に関してはFBAパートナーキャリアが1年間無料だったこともあり、正直納品先はどこでもよかったというのがありました(笑)

納品先固定終了後のシステム

パートナーキャリアの無料期間も終了し、さらにアマゾンからこのようなお知らせが送られてきました。

2018年5月9日以降、納品先指定オプションサービスを利用して設定されているフルフィルメントセンター(FC)を解除させていただくこととなりました。設定解除後は、購入者の需要分布および各FCの在庫のバランス等を考慮し、最適な納品先FCが納品プランごとに指定されます。

要は納品先はランダムになりますよーってことです。重大なルール変更をさらっと言ってのけるアマゾンwさすが神様ですw

納品先固定を終了する原因は様々だと思いますが、主に

  • FC倉庫の在庫バランスの調整
  • 倉庫間の在庫移動のコスト増加
  • パートナーキャリア無料キャンペーンの反動(笑)

などが考えられます。

実際、パートナーキャリアの運賃が上がったり、FBAの手数料も値上げになったりしているのでアマゾンも苦しいのかもしれません。
(FBAの手数料とパートナーキャリアについては別の記事で詳しく解説します)

納品先の新ルールについてはこちらの質問コーナーにも目を通しておいてください。
https://s3.amazonaws.com/JP_AM/FBA_Ops/Premium_Placement_Termination/PremiumPlacement_Termination_FAQ_JP_and_EN.pdf
(セラーセントラルのログインが必要になるかも)

そもそも何が問題なの?

ではこのルール変更の何が問題なのか?2つの面について解説していきます。

スピード面

FCに商品が到着するまでのリードタイムが、今までは受け入れ状況に応じた変動だけだったのですが、それに加えて輸送先によっても変動するようになってしまいました。
北海道の出品者が九州の鳥栖FCに納品したら、2-3日はリードタイムが伸びます。到着が遅れるということは、それだけ販売ロスも起きるということです。

プレミア商品や足の早い商品をメインにしてる人にとっては悩ましいですね。

料金面

こちらが一番の問題だと思います。今まで地域限定で安く送ってもらっていたり、同じ地域だから配送料が安くおさまっていたという方も多いと思います。納品先がランダムになるということは、毎回配送料金が変わるということで利益計算などにも影響が出てきますね。

去年の末から今年にかけて、運送会社大手3社がこぞって運賃の値上げを実施しています。僕の会社もつい最近値上げの依頼が来たので、とりあえず担当さんと会わないという方法で引き延ばしを図っています(笑)

運送料金の値上げと納品先がランダムになるということは、僕ら出品者にとっては戦々恐々な状況なわけです。
では、果たして納品先をコントロールすることは可能なのか?いろいろな地域の出品者さんに協力をしてもらい、商品を組み合わせて納品プランを組んでみてもらいました^^

納品先振り分けデータ大公開

北海道編

北海道→ 標準+大型 鳥栖FC(九州 佐賀 標準と大型混合)
北海道→ 標準のみ 藤井寺FC(関西 大阪)2件試しました
北海道→ 大型のみ 川島FC(関東 埼玉)2
北海道→ 危険物 スプレー 小田原FC(関東 神奈川)
北海道→ 危険物 引火性可燃物 藤井寺FC(関西 大阪)
北海道→ 危険物 スプレー+引火性 小田原FC(関東 神奈川)
北海道→ 標準+危険物(スプレー+引火性) 標準は堺FC(関西 大阪)
危険物は小田原(関東 神奈川)

ちなみにほかの北海道の出品者さんにも試してもらったところ…

北海道→ 通常(要期限含む)→小田原(関東 神奈川)
北海道→ 通常のみ→八王子(関東 東京)
北海道→ 大型プリンター&要期限&危険物
別々で納品プラン作成されて、それぞれ八千代(関東 千葉)
小田原(関東 神奈川)小田原(関東 神奈川)
北海道→ 大型プリンター&要期限
一緒の納品プランで鳥栖(九州 佐賀 標準と大型混合)
北海道→ 要期限や化粧品のみ
大阪藤井寺

今のところバラバラですが、大阪の藤井寺が多いようです。おそらく藤井寺の倉庫に商品を溜めたいということだと思います。

その中でも特出する点は

標準と大型は鳥栖にまとめて納品になる場合がある

大きいものと小さいものを1箱にまとめて送れるので、相対的に商品1個当たりの送料が安く済むかもしれません。狙ってできないのが痛いところですが^^;

危険物は小田原

特に引火性可燃物(アルコールとか)は小田原か埼玉県の狭山だけだったかと思うので、計算はしやすいですね。ただ、危険物でも分類によっては納品プランが分かれる可能性があるので注意です。

ただし、FCの在庫バランスによって変わる可能性がありますので今後も定期的に情報を集めていこうと思います。

関東編

関東→ 大型+小型+危険物+要期限→大型は川島(関東 埼玉)
その他はすべて小田原(関東 神奈川)
関東→ 大型+小型+危険物→大型は川島(関東 埼玉)
その他はすべて小田原(関東 神奈川)
関東→ 大型+小型+要期限→すべて鳥栖(九州 佐賀)
関東→ 小型+危険物→すべて小田原(関東 神奈川)
関東→ 小型+要期限→藤井寺(関西 大阪)
関東→ 小型のみ→藤井寺(関西 大阪)
関東→ 要期限のみ→藤井寺(関西 大阪)
関東→ 大型のみ→川島(関東 埼玉)

こちらもまあ安定しないこと(笑)

情報提供してくれた方の感想として

  • 小型を関東に持って行くには危険物混ぜるのは必須?
  • 大型は川島でほぼほぼ大丈夫

この方は千葉県の方なので、「八千代SCと市川SCがすぐ行けるのにプランに入らなくて残念です」ということでした。

東海、関西編

東海地区に関しては現在調査中ですが、

関西では

関西→ 標準のみ 堺FC(関西 大阪)
関西→ 大型のみ 川島FC(関東 埼玉)
関西→ 標準+大型 堺FC(関西 大阪)川島FC(関東 埼玉)
関西→ 危険物 小田原FC(関東 神奈川)
関西→ 標準+大型+危険物 堺FC(関西 大阪)川島FC(関東 埼玉)
小田原FC(関東 神奈川)

となったようです。堺、川島、小田原のみですね。

九州編

九州→ 標準のみ 藤井寺FC(関西 大阪)
九州→ 大型のみ 川島FC(関東 埼玉)
九州→ 標準+大型 鳥栖FC(九州 佐賀)
九州→ 危険物 引火性液体 小田原(関東 神奈川)
九州→ 危険物 スプレー等 市川(関東 千葉)
九州→ 標準(要期限のみ) 市川(関東 千葉)

今度は今まで出てこなかった市川FCが出てきましたwもうわからんですw

データを集めてみて思うこと

残念ながら明確な法則性はなかったです。ということは現時点で納品先をコントロールするのは難しそうですね。

おそらく、各FCの在庫状況に応じて納品先が振り分けられるようなツールが動いているのではないか?と推測しています。
アマゾンのアルゴリズムは全く読めないですから厄介ですね(笑)

一説によると納品プランを作る時間によっても変わるのではないか?という情報もありますが、これはいろいろと試してみないと何とも言えないです^^;

とにもかくにも、FBAとは今後もお付き合いしていかなければいけないので、どうすればFCへの配送料を安く抑えられるか?納品先を少しでもコントロールできるか?という点については今後も分析を続けていこうと思います。

何か新しい情報が入り次第お伝えします!
(情報番組風でお送りましたw)

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

The following two tabs change content below.
年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

株式会社HMore 代表取締役

年商1億円 最高月商1500万
利益200万達成
アマゾン、ヤフーショッピング、ヤフオク等国内転売を幅広く手掛け地域商材OEMなどマルチに躍進
せどりの学校を運営し過去50人以上に指導する
月商1000万を達成するなどやわかりやすい指導には定評がある

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。

1 個のコメント