感じるな!考えろ!店舗仕入れにおける3つのリサーチ手順

転売するための商品を店舗で仕入れるとき、無策でやみくもに行ってはいけません!計画的に行うことで利益を得ることができます。店舗で仕入れを行うときの極意をここではお伝えしていきます。

 カテゴリ:
 タグ:

みなさんこんにちは! ひきけいすけです^^

突然ですが今から店舗仕入れに行こうとしているそこのあなた!
店舗仕入れのリサーチは計画性を持ってやっていますか?計画性のない仕入れなんてただのウインドウショッピングですw

ということで今回は店舗仕入れにおける正しいリサーチ方法について解説していきます。目標が月商100万円でも1000万円でも、基礎となる部分は一緒なのでしっかりとおさえていきましょう^^
それではご覧ください!

初心者や成果の上がらない人はどんな仕入れをしているのか?

あなたは店舗仕入れに行くときにどのような点を意識していますか?
えっ?特に意識したことはない?

それはまずいですねー。ふらっとお店に行って利益が取れるのは運がいいか、すでに熟練しているかどちらかです。せどりはビジネスなので、戦略と戦術がなくては成功しません。

結果の出ない人の一日の行動

前日…特に何もしない。決めるのは朝何時に出るかくらい
朝…特に行くお店を決めずにとりあえず家を出る
昼…やみくもに店舗を回るも利益商品がなく焦り始める
午後…ようやく利益商品を見つけた!と思ったら売り切れていた
夕方…疲れたので今日は終わり

これじゃただの遊びですね(笑)結果が出るわけがありません。

計画性がないのは何事においても致命的です。野球で目をつぶってバットを振っているようなものです(笑)計画をしっかり立てて行動して、臨機応変に対応していける人が結果が出ます^^

他にもあなたは店舗仕入れでこんなことありませんか?

  • 全く仕入れられない日がある
  • いいときと悪いときのムラが大きい
  • ネタがないと動けない
  • そもそもどんなお店を回ったらいいかわからない
  • 仕入れの日にどこに行くか計画を立てていない
  • 1つの店舗に数時間費やしてしまう

以上の項目に1つでも当てはまる場合は、次の結果を出しているせどらーの行動をチェックして真似をしてみてください^^

結果を出しているせどらーが行っている3つのリサーチ


では結果を出している人はどういう行動をしているのか?準備と実践においては「3つのリサーチ」が重要なので解説していきますね。

店舗リサーチ

こちらは事前のリサーチとなります。まずは自分の活動地域にどういうお店があって、そこではどんなカテゴリーの商品が取れそうかを判断します。ちなみに、僕は遠征時は必ず事前の店舗リサーチをしています。先に店舗仕入れできる業態を洗い出しておきますね。

  • スーパー
  • ドラッグストア
  • ホームセンター
  • ディスカウントショップ
  • コスメショップ
  • バラエティショップ
  • 古本屋
  • リサイクルショップ(ホビー、パソコン、家電)
  • PCショップ
  • 家電量販店
  • お土産屋さん
  • コンビニ
  • ショッピングモール
  • アウトレットモール

まだまだあって挙げきれないです。こうやってみると計画を立てずに行くとお店が多すぎて迷ってしまいますよね。そんなあなたに店舗検索が簡単にできるツールを紹介します。

☆店舗リサーチに役立つツール

ロケスマ

https://www.locationsmart.org/


こちらのサイトでチェーン店の検索をすることができます。家ではPC、出先ではアプリでも検索可能です^^注意してほしいのは、ロケスマに登録していないチェーン店もあるので検索して出ないこともあります。

詳しくはロケスマを実際使って店舗リサーチをしている動画を用意したのでご覧ください!

店舗のサイトを直接検索

こちらはロケスマで出てこないお店を検索する方法です。方法っていうかいつもWEBで通り調べるだけなんですけどね(笑)まずは一番近い(あるいは近くて規模の大きい)店舗を検索して、そこから同地域の店舗を探していく感じですね!

ロケスマの使い方動画でマップに店舗を記憶させる方法も説明していますので見てくださいね!調べたお店は次に調べなおさなくてもいいように設定していきます。特に地域ではメジャーだけど全国的には知らない人も多いようなお店はねらい目です^^

チラシリサーチ

次に回る店舗を決定したらチラシがあるかどうかをチェックします。これも事前にリサーチできますね。一番いいのは新聞の折込チラシを見ることです。ネットに出してないチラシがあれば見る人が少ないのでチャンスですね!
新聞を取っていないという人は「シュフー」というサイトで地域のチラシを確認しましょう!

チラシ検索サイト シュフー

http://www.shufoo.net/


検索窓に郵便番号を入れて検索すると近くのお店のチラシ一覧が見れるようになります。シュフーだけだと見れないチラシもあるので、その時はお店のHPに直接アクセスしてチラシを検索します。

☆チラシから利益商品を探す方法

まずはチラシに掲載されている商品をカテゴリー分けしましょう。


例えばトイザらスならすべておもちゃなので、「人気商品」「割安商品」「目玉商品」とかにわけて検索するといいです。
イオンなどのモールであれば、「アパレル」「おもちゃ」「家電」「日用品」「ゲーム」とかカテゴリーを細分化していくことになります。イオンでアパレルや家具は仕入れないのでその時点で検索対象から外すことができ、少し効率が良くなります。

最初のうちは手間になりますが、気になるカテゴリーはくまなく検索しましょう。検索していくうちにチラシの傾向が見えてきます。チラシでも特に検索してほしいものと言えば

  • 1日限定のセールチラシ
  • 日替わり特価品
  • 個数限定商品
  • 高ランキング商品

あたりでしょう。

慣れてくればいつ、どこのチラシのどの商品を見ればいいかがわかってくるのでそうなれば後は定点観測していく→利益出る商品は回収で数を集めるだけですね^^
ちなみにチラシは紙媒体にしろWEBにしろJANコードが書かれていないことが多いので、型番やタイトルで検索して商品を特定していきます。

全頭リサーチ

次は店舗でリサーチするときに実践している手法です。店舗に行ってお目当ての商品があったり、店舗の特徴をつかんで効率よく仕入れしている人はいいのですが、それができていない人はまず全頭したほうがいいです。

ただし、僕がいう「全頭」は一般的なものと少し違います。一般的にはお店の商品全部調べるっていう印象だと思いますが、それではいくら時間が合っても足りません(笑)

僕が推奨しているのは「カテゴリーごと、POPごとの全頭」です。
カテゴリーで言うと例えば「おもちゃ」という広い範囲ではなくて「ベイブレード」とか、「ゲーム」の中の「付属品」の中でも「コントローラー」とか(笑)
細分化されたカテゴリーに限定してリサーチをすると効率的にお宝商品を洗い出すことができます。

また、POPごとというのは例えば「店長サービス品」とか「在庫限りの特別価格」みたいなお店で決められているPOPの種類ごとに検索していく感じです。
ちなみに、POPとは普段とは違うと思われる値札のことです。


この手法はPOPの信憑性というかランク付けをする作業と言ってもいいです。お店ごとにPOPには必ず意味がありますし、安いかそうでないかもPOPを見てわかる場合がほとんどです。

以上2つの全頭を駆使することで
【あのお店は○○って書いてあるPOPはよく利益出るよねー】とか
【あのメーカーのシャンプーは限定品なら鉄板】とか
お店や細分化されたジャンルの特徴を把握することができます。

お店の特徴にしろジャンルやメーカーの特徴にしろ、その情報をミックスすることにより自分だけのお得意様が見つかれば成果は確実にあがります。

結果を出している人の一日の行動

では結果を出している人はどういう行動を取っているのか?
先ほどの3つのリサーチも踏まえて、結果の出ない人との比較を書いていきます。

初心者 上級者
前日の動き 何も考えない 当日行く店舗の調査
チラシ、今話題の商品を調査
とりあえずお店に向かう どのルートで仕入れに行くか決定してから向かう
回収商品やリピート商品がないかチェック
やみくもに調べて利益0 店舗ごとに調べるところが決まっているので
1店舗で数万円の利益も普通
午後 やっと1商品見つかる
ただ単発商品
利益がある程度取れたので、回収商品を増やすために
特定のジャンルを全頭
夕方 目標未達成で諦めて帰る
(もう行きたくない)
すでに目標は達成しているが、まだ回収したい商品が
あるのでもう1店舗(楽しくて行ってしまう)

どうでしょうか?初心者の人の行動は少し大げさに書きましたが、こんな経験みなさん一度はあると思います(笑)実際僕も初心者の時は事前のリサーチとかあまりせずに、行き当たりばったりで行動していたのでよくわかります^^;
比較してみると結果の出ている人の行動は「すべて目的や目標が明確」という点ですね。

逆に結果の出ていない人は「なんとなく」やっているという人が多いです。なんとなくでビジネス成功するのは天才だけですw
僕がいつも言っているのは、考えて動く「考動」という概念です。考えるのは先でも後でもいいんです。行動派の人はバンバン行動してほしいのですが、行動した後に検証してほしいんですよね。

今日の稼働のどこが良かったか?どこか改善する点はなかったか?
常に考えて行動すると必ず結果がでます^^

あと仕入れで気を付ける点としては

  • 特定のカテゴリー 得意分野を作る
     店舗でもカテゴリーでもいいので得意分野を作ってください。最初は好きなものを深く掘り下げて検索していくと苦にならないです。
  • 仕入れた先を考える(考慮する) 見込み利益の2割は値下がると思え
     店舗で査定したものってあくまで見込みの利益です。アマゾンは価格競争が多いので、見込みの2割くらいは下がると思って仕入れをすると余裕を持つことはできます。
  • 店舗情報の蓄積 〇〇って化粧品は集まるよねーとか
     安く買えるお店、商品を集めてくれるお店、特定のジャンルだけ強いお店など自分だけしか知らない情報を蓄積して財産にしていきましょう。
  • 商品情報の蓄積
     商品についても同じで、検索したらほぼ利益出るメーカーとか、安く買えればめっちゃ売れるのにというようなデータもいざ買える状況になったときに他のせどらーと差が出ます。

これも結局考えて動いているからこそ身につく情報だと思います。あなたも「なんとなく」の仕入れから「考動」で仕入れをとらえて結果を出していきましょう^^

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

The following two tabs change content below.
年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

年商1億円の物販社長 ひきけいすけ

株式会社HMore 代表取締役

年商1億円 最高月商1500万
利益200万達成
アマゾン、ヤフーショッピング、ヤフオク等国内転売を幅広く手掛け地域商材OEMなどマルチに躍進
せどりの学校を運営し過去50人以上に指導する
月商1000万を達成するなどやわかりやすい指導には定評がある

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。