転売を考えているならまずはメルカリで

メルカリといえば、利用者数1300万人を超えるテレビCMでも有名なフリマアプリですが、転売で活用して利益を生み出すことができます。今回はメルカリで転売をするに当たっての基礎的なポイントをまとめました。

 カテゴリ:
 タグ:

こんにちは関です。

今回は転売におけるメルカリの位置付けについて考えてみました。
スマホさあれば誰でも利用できるアプリ。利用者数は約1367万人とフリマアプリではダントツの一位です。スマートフォンネットアクティブユーザーの22.4%が利用していることになります。利用者数はいまだに増え続けています。

今回はこのアプリで利用して販売するための基礎的な知識をまとめてみました。

メルカリとは

最近ではテレビのCMでも流れていますよね。メルカリはインターネットを利用したフリーマーケットアプリです。現代のアプリサービスでは手軽さが重要なんですよね。アカウントさえ取ってしまえば売りたい商品の写真を撮って即出品でき、いらなくなったものの写真を撮って出品したりできます。この手軽さがメルカリの最大の利点であり人気の所以でしょうね。

「出品してすぐ売れた!」なんて声が聞こえてきますが、本当の話です。ちなみに利用者の43.2%が18-29歳の女性です。

アカウント

メルカリの出品や購入をするには会員登録が必要です。登録は簡単ですメルカリのアプリをインストールして会員登録をします。プロフィール、クレジットカード情報、住所を登録します。名前は本名ではなくてもOKです。

メルカリの実情について

さて、先ほどから説明していますが、メルカリは誰でも出品できることになります。僕が思うには、転売をしようと考えているならまずはメルカリから始めるのがいいかと思います。
出品したい商品の写真を撮って即出品できるのがメルカリのいいところ。誰でも簡単にセラーになれますね。

でもこの簡単さが災いすることもあります。先ほども申し上げましたが誰でも出品できます。そして誰でも購入できちゃうんです。メルカリでは購入前に購入者が出品者にコメントを送ることができます。

このコメントの中には値引き交渉する方もいて、それに対していちいちコメントを返すのが嫌になったりする出品者が多いです。通販ビジネスにはありがちな、受け取り後の「質が良くない」「匂いがする」などのクレームも多いようです。「返品不可」もメルカリは認めていません。

メルカリのビジネス利用について

過去にさかのぼりますが、メルカリを主としたビジネス展開があったのも事実です。つい先日まで色々なツールが出てきたんです。無料のものもあれば有料のものもありました。自動で多くの商品を出品できるものです。

現在ではそれらはほぼ使用不可になってます。なのでここでは仕組みについては割愛しますがメルカリではこうような行為をスパムとみなしているようです。
ただこれを利用してアカウント停止になった方々もたくさんいることだけは覚えておいてください。僕の友人のプログラマーは自分でツールを作って使用したところ期限付きのアカウント停止になりました。

メルカリ転売の注意点

さて核心に入って行きましょう。メルカリでの転売についてです。

まずはみなさんが興味のあるところかと思いますが。メルカリで無在庫販売はできるのか?
これはNOです。

「購入後に手元に商品がないことによる取引キャンセルや配送の遅延によるトラブルを避けるため、手元にある商品のみ出品が可能です。また、購入された後に他社のサイトやサービスを通じて購入者に商品を発送する行為を禁止します。他社のサービスから商品が届いた場合は、メルカリ事務局にご連絡ください。」
とメルカリガイドに書いています。

ピンっときたかともいるかと思いますが、アマゾンFBAに納品した商品をメルカリにも出品しておいて、売れたらFBAマルチチャネルで購入者に送ればいいと思っている方もいるかもしれません。
でもこれアウトなんです。そしてメルカリは個人仕入れた情報(購入者の個人情報など)を第三者に譲渡することを禁じています。

ここなんですよ。そうなんです。

マルチチャネルを利用するということは無在庫販売そして個人情報の流出、二つの違反をおかしていることになるんです。
でもメルカリのサイトををみると明らかに第三者が撮ったような綺麗な写真などはいくらでも出てくるのは事実です。無在庫販売しているんでしょうね。

メルカリ側も出品者が多いので自社でチェックできるのも限界があるでしょうね。先ほども言いましたがあくまでもメルカリはフリーマーケットなんです。
ツールを使って大量販売するより、ルールを守ってフリマとして真面目に出品している方々を守ります。最近はアマゾンも無地箱(Amazonのロゴがはいいていない箱)も用意して購入者にアマゾンから送られたものではないという工夫もしていますが。

メルカリを転売で利用するには

さて、転売をしている我々はメルカリをどのように利用したらいいのでしょうか。よく「アマゾンで返品されたものをヤフオクかメルカリで売る」とか言いますよね?
これはいいと思います。自分で写真を撮ってメルカリで売る。写真は4枚まで掲載できます。販売はこんな感じいいでしょう。

実際に販売した商品の例がこちら

どちらもアマゾンで売れなくなったものをメルカリで出品したら見事に売れました。

次にメルカリで仕入れとなるとどうなのか?実際僕もメルカリで商品を仕入れたことがあります。コメントで「あるだけ売ってください」とお願いしたら20個ほど売ってくれました。即、アマゾンに納品しましたけど。新品で。

でもこれも実はアウトなんです。個人間の取引で仕入れた商品はアマゾンは新品とみなさないんです。中古で売るならほぼ問題ないかと思いますが。

えっ?アマゾンはどうやって調べるの?
調べようがないですよね。

もしアマゾンに知られたらその時は自己責任ってやつですよね。

メルカリ転売の個人的見解

こう見ていくとメルカリはビジネスとしての転売のフィールドとしては現時点では不向きなのかなと思っています。でも何度も言うように簡単に出品できますし、転売を始めるなら一番むいているアプリだと思います。なのでアカウントはとっておいていいかなと思います。

一応付け加えておきますが、メルカリでの商品は新しく出品された順に順に掲載されます。
出品して短期間で売れなければどんどんランキングがさがり(上位表示されなくなる)、購入者の目からは離れて行きます。

僕は中国輸入もしているのですが、アパレル商品を無在庫でメルカリに出品したことがあります。
正直アマゾンよりもリアクションはありますし、アマゾンで売れなかったけどメルカリで売れたものも多数あります。今はしてませんが。

メルカリで売れたアパレル商品の一例も載せておきます。

結構いい値段で売れるのですが、作業の手間に耐えられず辞めました。

メルカリのアカウントはいつ停止をくらってもいいという方はそれでもいいかもしれませんが、リスクヘッジするのであれば、転売におけるメルカリとは

「メルカリで始まりメルカリで終わる。」

自己完結であるというのが私の見解です。

まとめ

今回はメルカリの利用の仕方、メルカリの位置付けについて私なりにまとめてみました。<まだ始めていない方はぜひチャレンジしてください。自分が出品した商品が売れると楽しいですよ。

本日は最後までご覧いただきありがとうございます。みなさまにとって何かのきっかけになりましたら幸いです。

 

The following two tabs change content below.
49歳で起業。孤高のセドラー 関延介

49歳で起業。孤高のセドラー 関延介

副業として資金17万円でせどりをはじめる。
五ヶ月後に預金額は100万円を突破し独立を決意。
売上より利益とキャッシュフローにこだわって販売している。
効率よく稼ぐことをモットーとし、最近は更なる利益率の向上のためアパレルを中心とした中国輸入を開始。
現在はせどりと中国輸入両方を稼ぎの軸として活動している。
49歳で起業。孤高のセドラー 関延介

最新記事 by 49歳で起業。孤高のセドラー 関延介 (全て見る)

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。