家族にせどりの理解を得る方法

せどりや転売を始め副業をやるのに家族の理解を得るのは大変ですよね。
今回はどのようにせどり・転売をはじめとした副業を家族に認めてもらえるか複数回に分けて考えていきたいと思います。

 カテゴリ:
 タグ:

本業では生活に余裕がない!副業でお小遣いを増やしたい!

一人暮らしの方であれば思い立ってすぐに行動できるかもしれませんが、ご家族と一緒に住んでいる方は家族を説得するという大きなハードルを越えなければなりません。

普段から自分の意志を貫いてきたタイプの方であれば問題ないでしょうが、こういうタイプの方は少ないのではないでしょうか。ご家族を説得する必要がある、でもせどりを知っている方はまだまだ少ないので、説得事態が難航する可能性があります。かと言って、家族に黙って始めようとしても絶対バレますので、ケンカ勃発しかねません。必ず事前にお伝えしましょう。

それでは、私個人の経験や知人のせどらーの皆さんから伺ったお話を元に、2回にわたって対処法をお伝えしていこうと思います。

反対される理由

「せどりを始めようと思う」とご家族に伝えたときに反対される理由は大きく4つあると思います。

①せどりというものが何かわからないから(不安)
②家族で過ごす時間が減るから(不満)
③家のスペースを取られるから(不満)
④転売ということに悪い印象があるから(不満)

それでは、理由別に心理と対処法を見ていきたいと思います。

①せどりというものが何かわからないから(不安)

単純にせどりの仕組みがわからず、やっていけるのかな?失敗したときに借金ができるんじゃないかな?といった疑問が漠然と不安に思って反対しているのであれば、せどりの仕組みをしっかり教えることで解決するでしょう。

ただ、保守的な性格の方は、新しいことを始めるということに絶対的な不安を持たれるので実行してみないと不安が消えない可能性が高いです。なので、そういう場合は、せどりで成功している人(できれば境遇が似通っている人がベストです)の体験談を伝えたり、せどりすとプレミアム等のツールの情報を伝えて売れる証拠を見せるなど、お試し体験したかのような知識を与えると前向きになってもらえる可能性が高いので、ぜひ根気よくやってみてください。

②家族で過ごす時間が減るから(不満)

家族と過ごす時間にも種類があります。

1.小さなお子さんや介護が必要なご家族がいて、その方の面倒を見る時間が減る場合
…残念ながらこの場合は、寝たり趣味にあてる時間をせどりにあてるなど、自己犠牲が必要になります。ただ、仕組みを理解して軌道に乗ってきたら十分に労働時間を減らすことができるので、最初の1~2ヶ月の我慢です。自分の時間だけを使い迷惑をかけないことを誓って説得しましょう。

2.話をしたりデートをしたりと遊ぶ時間が減る場合
…この場合はぜひ「一緒にやろう!」と誘ってみてください。店舗せどりの場合はスーパーマーケットやディスカウントストア、家電量販店等様々なお店に行きますので、デートのついでにせどりをやる。遊んでいるのにお金が儲かる。といい事づくしです!

更に車で遠出して隣県の店舗やアウトレットモールに行くなどちょっとした旅行感覚でもできるので、とってもおすすめです。一緒に◯◯に行って△△食べよう♪等と、相手が興味のある誘い文句をかけてみてください。

③家のスペースを取られるから(不満)

これは結構切実です。せどりはある程度「場所をとる」ので、1部屋余力がある場合はいいのですが、すでにスペースがない上に商材を自宅に持ち帰るとなると、ちょっと厳しいかもしれません。

レンタル倉庫や事務所を借りれるなら問題ないでしょうが、そういうところに経費をかけたくないですよね。なので、まずスペースを確保してからご家族を説得してみてください。

1.車の中
…もし自家用車があってご家族専用のものでなければ、トランク部分などに仮置きして車内で作業してしまうという手があります。
買ってすぐに作業してしまえば保管日数もかからないのでさほどご迷惑にもならないのではないでしょうか。

2.車庫・倉庫のスペース
…賃貸の場合、備え付けの場合が多いのではないでしょうか。すでに荷物が置いてある場合でも、よほどぎっしり入っているわけでない限り、作業スペースを確保できると思います。
そして、ご家族もご自身が常にいるスペースでなければあまり文句を言わないはずです。
ぜひ場所確保できるかどうか確認してみてください。

3.知人・友人等協力してくれる人を探す
…ご自宅で難しい場合、知人・友人と共同でせどりを始め、その方のお家を作業場にする、もしくは事務所を借りて折半するという手があります。この場合は労働力も軍資金も倍になるため、心あたりがある方はおすすめです。
ただし、利益の分割方法など事前に明確にしておかないと、後々揉めるかもしれないのでご注意を。

4.小型軽量のものから始めてみる
…最近、Amazonで「FBA小型・軽量商品プログラム」というものが始まりましたが、スペースが無い方にはピッタリなのではないかと思います。
そもそもこちらの該当商品は「小型軽量」で「回転が多い」のが特徴です。小さくて場所を取らず、良く売れるということです。

事前申請が必要ですが、難しいものではありません。

5.配送代行サービスを利用する
…奥の手ですが、仕入れた商材をそのまま配送代行サービスをしている会社に納品したら有料ですが保管・Amazonへの納品手配をしてくれます。個人的には、仕組みを覚えるためにも最初はご自身で納品作業をしたほうが良いと思いますが、スペースや時間を確保するにはこちらのサービスが最強です。

以上5点をぜひ検討してみてください。

そして、せどりは仕入れたら即納品が原則です。疲れたから明日にしよう。今日忙しいから明日にしよう。等と言って先延ばしにすると、価格が下がっていたり、ライバルが増えていたり、クレジットの支払期間までに商品が売れなかったりとマイナスしかありません。

送料を支払って損が出ない量を一気に仕入れるのが大事です。

④転売ということに悪い印象があるから

はじめてせどりの説明を受けた方は、せどり=転売屋という印象を受けるかもしれません。転売屋というと、ニュースなどでもよく「買い占め」「高額転売」などあまり良くない印象で報道されているので、気を悪くしてしまう方がいらっしゃるかもしれません。

そこはひとまず小売の考え方について説明なさってみてください。

みなさんがよく買う(と思いますが)スーパーや量販店も、メーカーから仕入れた商材に利益を上乗せして転売しているんです。せどりでやることは、ほぼスーパーと一緒です。仕入元が違うだけです。

また、発想を転換してみてください。せどりをすることで、需要がない地域から全国各地欲しい人が買える市場に商材を出しているんです。欲しい人が手に入れることができるようになるんです。これってむしろ良いことじゃないでしょうか!?

せどり≠買い占めて高額転売する嫌な仕事であると認識してもらってください!

最後に

今まで見聞きした家族の反対意見とその対策についてお話しました。次回は家族にせどりの理解を得る方法②で、相手別に攻略法をお話したいと思いますので、併せてぜひご覧になってくださいね。

皆さんのせどり人生がより良いものになりますように^^

 

The following two tabs change content below.
すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

2016年から独学でせどりを始めるも芽が出ず、2017年、せどりセミナーを主催していた会社に入社。本格的にせどりを始め、1ヶ月で月商100万円を達成し独学より『環境』が大切と痛感する。

仕入れ割合は90%ネット仕入、10%店舗仕入
主婦でも、車がなくても、全国どこでもせどりができることを発信する。
すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

最新記事 by すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー (全て見る)

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。