【初期費用】せどりを始めるためにいくら必要?【軍資金】①

せどり・転売を始めるときに気になることの一つが「初期費用」ですよね。
今回は本格的に転売ビジネスを始める際の費用や何に投資するとスムーズに利益を出していけるかをまとめましたのでご覧ください!

 カテゴリ:
 タグ:

せどり始めてみようかな?

そう思ってまず気になるのは「初期費用」「毎月の経費」「月収」ではないでしょうか?

今回は、経験を踏まえて、せどりスタートに必要な資金等についてお話したいと思います。

まずは手軽に「お金をかけずにやってみたい」という方は、軍資金ゼロでせどり・転売を始める方法をまとめておりますので、
下記の記事もご覧ください!

資金0からの転売デビュー講座①【不用品販売編】

上記記事を見てある程度軍資金ができた方や、最初から本格的に継続して利益を出していきたい方はこちらの記事を最後までご覧ください!

せどりの前提

せどりや転売って、一言で言っても手段はたくさん存在します。

その中でも、安定した月収を得られると思うのはAmazonせどりだと思いますので、Amazonせどりに特化してお話しますね。そして、FBAというAmazon倉庫に商材の納品して自動販売・自動発送してくれるサービスを使用することを前提とします。

それでは実際にかかる初期費用を見ていきましょう。

Amazonに支払う初期費用

・Amazon大口出品サービス月額費用4,900円+消費税

商品が売れても売れなくても絶対にかかる費用です。
Amazonせどりでは、大口出品と小口出品の2種類のサービスを選択できます。

小口出品の場合は、月額が発生せず、商品が1点売れるごとに手数料が発生します。
じゃあ小口から初めて、物量が増えたら大口に変えればいいんじゃないの?って思われるかもしれませんが、小口出品は制限が多く大口出品よりやりづらい部分が多いので、私は大口出品をおすすめします。

小口出品と大口出品の違いについては、下記Amazonサイトを御覧ください↓
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

更に、今なら初月10円で登録できるキャンペーンを行っているみたいです!これなら安心して取り組めますね。期限がありますので、必ず事前に確認してくださいね。
https://www.amazon.co.jp/b/?node=2490612051&ld=SEJPSOAGoog003730

次に、Amazonせどりを安定した収入にするための提携ツールを2つご紹介します。

プライスター

・プライスター月額4,800円(税込)

こちらのツールは、商品の登録をするとAmazonと連動して価格の自動調整等をしてくれる超便利必須ツールです!
プライスターを使用しなければ、FBAに納品した商材の価格調整をすべて自分で行う必要があります。一見問題ないように思うかもしれませんが、価格は常に変動する可能性があるため、自分で価格調整を行うためには四六時中Amazonの在庫管理画面とにらめっこしなければなりません。

専業だったとしてもやってられないのに、副業ならなおのこと不可能ですよね!月額5,000円弱で超優秀なアルバイトを雇っているようなものなので、ぜひ導入しましょう。

プライスター30日間無料体験受付中!

せどりすとプレミアム

・せどりすとプレミアム初期費用5,400円+月額5,400円

こちらのツールは、Amazon上ですでに出店されている商材が月に何個売れて、利益がいくら出ていて、仕入れるべきか否かを判断することができる最強ツールです。先程Amazonせどりが安定的と言ったのは、こちらのツールで仕入の判断ができるから、という理由が大きいです。

初月は初期費用分が発生するのでやや高く感じますが、こちらのツールを使用して確実に売れる商材を仕入れればすぐにペイできます!マーケティング分析を一瞬でしてくれる超優秀なアルバイト(2人目)です。ぜひ導入しましょう。
http://www.sedolist.info/premium/#pricing

私が必須条件に上げる絶対かかる初期費用は以上3件です。
通常だと20,892円かかるところを、2018年10月現在だと10,810円です!
(Amazon大口出品サービス10円+プライスター0円+せどりすとプレミアム10,800円)

始めるなら今ですね!!

配送料や出品に必要な備品

厳密に言うと、上記ツール等以外にも別途初期費用は発生します。

それは、商材を仕入れるための費用と、FBA納品のための費用(配送料・備品代)です。
ただ、こればっかりは、人によって金額が大幅に異なるので、いくら絶対かかります!と断言できません。(ご了承ください…)

参考までに、商材納品時の備品について、どんなものが必要なのかお伝えしますね。

絶対必要①:パソコン
…Amazonのセラー専用ページを開設して納品したり必要情報登録したり、プライスターの登録をしたり、様々な要素で必要になってきます。マックでもウィンドウズでもどちらでも構いませんので、すでに持っている方は新調する必要無いと思いますよ~。

ちなみに、ネットカフェで代用できるんじゃない?って思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、誰がつないだかわからない環境でつなぐとアカウント停止のリスクが発生するので、オススメできません。

ぜひパソコンだけはご自身専用のものをご用意ください。

絶対必要②:ダンボールとテープ
…商材を納品する際に必要になります。変形したダンボールや袋詰にして納品しようとしても、Amazonの倉庫側で受取拒否をされるので配送料が無駄にかかってしまって大損します。必ず要件に見合ったダンボールを用意しましょう。

ただし、買う必要はありません。条件さえ合えば、スーパーなどで無料配布しているダンボールで十分事足りますので、ぜひここはお金をかけない方向で行きましょう。

また、ダンボールを閉じるため等でテープが必要になります。こちらは購入必須です。

あった方が便利:ラベルシール
…上記プリンターでも書きましたが、「商品ラベル」というものを商材ひとつひとつに貼る必要があるので、それぞれ規格にあったラベルシールがあったほうが便利です。

あくまで普通のA4用紙でいくのであれば、商品ラベルのサイズに合わせて切って、セロハンテープなどで貼れば事足ります。

以上です。
パソコンが無い方はかなり大きな出費になってしまいますが、パソコンさえ持っていれば、負担が少ないのではないでしょうか?

今回はツール等にかかる初期投資をメインにお話しました。次回は、【初期費用】せどりを始めるためにいくら必要?【軍資金】②で、商材を仕入れるための軍資金についてお話したいと思いますので併せてご覧くださいね♪

皆さんのせどり人生がより良いものになりますように^^

続きはこちら↓
【初期費用】せどりを始めるためにいくら必要?【軍資金】②

 

The following two tabs change content below.
すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

2016年から独学でせどりを始めるも芽が出ず、2017年、せどりセミナーを主催していた会社に入社。本格的にせどりを始め、1ヶ月で月商100万円を達成し独学より『環境』が大切と痛感する。

仕入れ割合は90%ネット仕入、10%店舗仕入
主婦でも、車がなくても、全国どこでもせどりができることを発信する。
すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー

最新記事 by すきま時間で月収15万! 主婦せどらー・ずーしー (全て見る)

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。