あなたはどのエリア?所得の地方格差ランキング

地方暮らしだとどうしても収入に格差が出てしまいますが、実際あなたの住んでいる地域がどのくらいか把握していますか?
今回は地方の収入格差とその差を埋めるための対策法を解説していきます!

 カテゴリ:
 タグ:

会社員として働いている人にとって、自分の給料を周りと比較してみたい人もいるはず。稼いでいる額を知ることで、今後のライフプランを組み立てることができるのですから。

一般的には都心部で働く人のほうが給料が高く、人が減っている地方では賃金が低めです。実際に数字としてみると、都市と地方との所得格差は10万円以上になります。

「まじめに働いているのに、給料が低い…」と悩む人も中にはいるでしょう。自分の勤務地を変えるだけで、同じ仕事でも稼げる額は変わるのです。

あなたの所得を上げるために、給料が高い都会と給料が低い地方をまとめてランキングにして紹介していきます。地方格差を知ることで、働く場所を見直してみると良いですね。

東京から離れると所得は下がっていく

人が多く集まる都会ほど、人の需要が上がり所得が増えやすくなります。平成29年の賃金構造基本統計調査によると、都道府県別賃金で37.7万円の給与水準である東京都がトップです。

東京都に続いて神奈川県(32.9万円)、大阪府(32.6万円)、愛知県(31.8万円)といった都市部がベスト5にランクインしています。都会暮らしだと全体的に給料が高めの特徴です。

地方格差を知るために、次は低いほうを見ていきましょう。

データによると都道府県別賃金において一番低いのは23.4万円の青森です。他にも宮崎県(23.5万円)や岩手県(23.6万円)、秋田県(24万円)といった都会から離れている田舎は格差が大きくなります。

地方都市はそこそこの給料水準です。日本の最北端である北海道は30.4万円ですし、日本の最西端である沖縄は24.4万円程度になります。

賃金の傾向としては東京や関西から離れるほど、労働者が受け取れる給料は下がってしまうのです。人口が減って経済が衰退していくと、働いても自身が貰える給料は減ってしまいます。

地方で働く人の所得が低い理由

日本では職を求める人たちが都会に集中していて、田舎では人が少なくなっています。生活している人が減ると商品やサービスを必要とする消費者が減るので、企業は物価を下げてしまうのです。

需要が少ないのだから、商品を買ってもらう為に売り手は価格を下げなければなりません。物価が下がると収益も少なくなってしまうから、コストに対する利益が減ってしまいます。

田舎は物価や家賃が低いこともあり、全体的に生活水準が低い傾向です。消費者が生活で使えるお金が少ないから、商品やサービスの相場価格は都会と差が出てしまいます。

少しでも儲けようとする経営者により、物価が下がるとコスト削減が進むのです。コストの中には人件費もあり、経済の衰退が進む地方で働く人たちの給料は下がる傾向になります。

民間企業が生き残るためには、物価が低い中で利益を上げることが必要です。人件費を抑えたい企業は、会社員の基本給や昇給を低くしたり役員報酬を与えなかったりすることで対策します。

基本給や昇給が都市と比べて低い

都市部の求人と地方の求人を見比べてみると、給料の差が大きいことが分かります。同じ飲食チェーン店であっても、田舎だと時給が700円台で募集されていることもあるのです。

昔は会社に長く勤めていれば、給料が上がって生活が豊かになりました。ですが経済の衰退が進む今では企業が利益を確保しづらくなり、会社員の給料や賞与が少なくなっているのです。

基本給や昇給が都市部よりも低いから、所得における地方格差は拡大していきます。人口が減少している日本では地方の衰退は進むので、今後も地方で働く人たちには厳しい状況が続くでしょう。

まじめに働いていたとしても、地方で働いていてはお金を稼ぎにくいのです。給料は苦労の対価ではなく、あなたが会社に利益を出すことによって生まれるのですから。

長く勤めても給料は低いまま

平成29年の賃金構造基本統計調査における賃金の推移を見てみると、平成10年の男女計賃金が29.9万円であるのに対して平成29年の賃金が30.4万円であることが分かります。

約20年の時が過ぎても賃金の上昇は5千円くらいです。日本では経済成長が滞っており、企業が売り出す商品やサービスの利益が増えないから、労働者の給料やボーナスは増えにくくなっています。

長く勤めると役員に昇格して、役員報酬による所得アップに期待する人もいるでしょう。ですが企業が成長できなければ役員の数は増えず、所得が増えることもありません。

利益を出しにくいから企業の寿命が短くなり、昔とは違って働き続けても給料は上がらないのです。お金を稼げる職業に就かなければ、いつまでも安い賃金で働くことになります。

地方で高い給与をもらうには?

社会全体では経済が停滞しているように見えますが、一方でお金を儲けている人たちもいます。例えばITベンチャー企業が素晴らしいアイデアを実現して、莫大な利益を得ているのです。

世の中ではお金と商品を交換する消費経済よりも、お金でお金を増やす金融経済のほうがお金が多く回っています。証券会社や銀行に就職すれば、他の業界と比べて稼ぎやすいです。

日本は税金が比較的高くて、公務員として働けば給料が上がりやすい状況にあります。公務員試験を勉強して対策できるなら、国家公務員として長く働くのもアリです。

経済が衰退している地方であっても、働く分野を厳選すれば所得を上げられます。なぜ業界や企業によって所得格差が生まれるのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

国家公務員として働く

ライフラインや社会福祉を支える国家公務員として働けば、安定したキャリアを築いて高い給料が貰えるようになります。公務員試験に合格することで、豊かな生活を送れるのです。

国家公務員は行政や金融分野だけでなく、地方自治体の運輸管理業務や労働局で働くこともできます。地方公務員でなくても、地方に住みながら国家公務員として働けるのです。

社会のシステムを支える仕事であれば、多額の税金が流入するため稼ぎやすくなります。公務員はよっぽどのことが無ければ解雇されないので、勉強できる人は狙ってみると良いですね。

大手企業の支社や銀行で働く

都市に本社がある企業の支社で職員として働くことで、給料を上げることができます。大企業は都市部で得た大きな利益を地方に回せるから、多少の差があっても地方格差は小さくなるのです。

金融市場であれば地方でも利益を出せるため、地方銀行で働くのも稼ぐにはオススメ。ですが最近では日銀の低金利が続いて、銀行が利益を出しにくくなっているので注意が必要です。

衰退している業界で働いてしまうと、人件費をカットするために早期解雇される可能性があります。これから成長していく業種を選んで働けば、より安定や高い給料が得られるのです。

ITやWeb業界で働く

テクノロジーの発展が進み、今ではITを駆使して成長している企業が出てきています。インターネットを介した商売であれば場所に縛られないから、よりビジネスの機会が増えるのです。

銀行にITを導入するフィンテックや、仕事を自動化するRPAといった技術が世の中に生まれています。IT分野で働くことで、これから発展していく技術により高い給料を得られる機会が増えるのです。

エンジニアとして働き続ければ、専門的なスキルがつくため転職をしやすくなります。勤めている企業が潰れてしまっても、専門職だから転職しやすい点は労働者にとって大きなメリットです。

副業で稼ぐのもオススメ

インターネットの発達により個人が副業で稼ぐハードルが下がっています。例えば商品をネットで仕入れて、他のユーザーに高く売ってお金を稼ぐことが可能です。

違う分野に就職するのは難しくても、商品をインターネット上で売買するだけなら簡単。田舎暮らしで給料に不満を持っている人なら、転売で稼ぐチャレンジをしてみると良いですね。
数ある副業の中でも転売は不用品販売から始めることで資金0からノーリスクで収入を増やすことが出来るので、初めて副業をする方には最適です。

当メディアでは資金ゼロから利益をあげていく転売デビュー講座を公開しています。地方でも関係なく稼いでいく術を身に付けたい方はこちらからご覧ください!
資金0からの転売デビュー講座①【不用品販売編】

格差を埋めるには行動しよう

所得格差は地方の人口減少により起こります。公務員やこれから成長する業界に転職して働かなければ、給料は低いままなのです。自分の将来をより良くするために、将来を考えて行動することをオススメします。

 

The following two tabs change content below.
転売の学校

転売の学校

転売ビジネスに興味のある転売未経験の方から、既に始めているけどもなかなか利益が上がらない人に向けた、転売に関する情報を発信しています。転売ビジネスのポイントをご紹介し 安心して、より安定した大きな利益が得られるためのノウハウをお届けいたします!

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。