初心者向き投資の種類とリスクを比較

今回はこれから投資を始めようと思っている方に向けて初心者におすすめな投資法や、リスクを解説していきます。
また、投資の種銭を作る方法などについても触れているのでこれから投資を始めたいと思っている方は必見です!

 カテゴリ:
 タグ:

将来のお金に対する不安があり、投資をしてお金を増やしておきたい人はいます。銀行にある預金で投資をすることにより、お金でお金を作り出して資産を増やすことが可能です。

世の中にはたくさんの投資商品があり、中には預けたお金が無くなってしまうリスクのある投資法もあります。投資をしたことが無い初心者にとって、お金が減るのは嫌なことです。

投資をしてお金を増やしていくには、リスクの少ない投資をして慣れていくことが必要になります。初心者におすすめの投資の仕方を見て、自分に最適な投資方法を見つけてみましょう。

初心者に最適な投資の始め方とは?

日本ではお金の教育を受けたことがある人は少なく、投資を始める人が少ない傾向にあります。お金儲けを嫌っている日本人が未だに多いから、お金に対して関心を持ちにくいのです。

ですがお金を投資せずに貯金していると、持っている資産の価値が低下してしまいます。低金利政策により預金に対しての利率を銀行は低くしているから、物価上昇に対して貯金が増えないのです。

年金の破綻や労働者の賃金が伸び悩んでいる背景があり、将来のためにお金を作っておく必要性は高まっています。資産が無ければいつまでも働き続けることになるのです。

投資をしたことが無い人には、少ない金額で投資を始めることがオススメ。株式をシステムが調整して購入する投資信託や、会社の株式を小さく買ってみるとリスクが少ないですから。

インデックス型の投資信託

投資家からお金を集めてプロの投資家やシステムが資金を運用する方法が投資信託です。資産運用により発生した利益は、運用した会社が手数料を引いて投資家に分配されます。

信頼できる会社を探して株式を購入する必要が無いから、投資に関する知識のない初心者でも安心して投資信託ができるでしょう。特にオススメなのはインデックスファンドです。

経済の基準値である日経平均株価やTOPIXといった数値と連動するように運用するファンドだから、投資信託に対する手数料や信託報酬が少なく人が投資するよりも確実に利益を出せます。

投資信託は少額から始められるから、株式投資と違って少ない資産で運用が可能です。インデックスファンドに投資してある程度慣れてきたら、会社の株式を買ってみると良いですね。

ミニ株で小さく株式投資

株式投資は1株買って始めることができず、少額で投資を始めることが難しいです。1株1000円であっても購入できる単位が100株なら、最低10万円の資金が必要になります。

投資の知識がないのに、いきなり多額のお金を投資するのはリスクが高いです。少ない元手で始められる株式投資として、購入できる単位が1/10になるミニ株という商品があります。

株を購入するのに10万円が必要でも、ミニ株であれば1万円で済むのです。ミニ株は株主総会での決議権を持つことはできませんが、保有していれば配当金は貰えます。

「ある銘柄に興味があるけど、いきなり多額の資金で投資したくない」人にミニ株はオススメです。ミニ株を購入して投資経験を積んでいくことで、より上手く投資ができるようになります。

単元未満株でさらに小さく株式投資

「1/10の価格で購入できるミニ株でも高くて、株式投資ができない…」と悩んでいる人も中にはいます。証券会社には小さく投資を始めたい人に単元未満株というサービスを行っているのです。

単元未満株は1株から購入できるから、価値が下がっても損が少なくて安心できます。知名度の高い人気の企業でも単元未満株であれば1万円で購入できるので、資金のハードルが低くて投資を始めやすいです。

ミニ株と同じく単元未満株では株主総会で議決権を得られませんし、ミニ株とは違って値段を指定して注文できないから欲しい価格で株を買いにくいです。株を注文した翌日の価格で購入できます。

「投資資金が少ないけど、さまざまな会社の株式を購入したい」人に単元未満株はオススメ。多様な株式を購入してみることで、投資知識を高めることができるでしょう。

初心者がすべきでない投資とは?

投資未経験の人は金融知識が少ないから、リスクの大きな投資を避ける必要があります。リスクが多いとリターンも多いですが、投資資金が無くなってしまう危険性が強くなるのです。

初心者がしてはいけない投資として、以下の2つが挙げられます。

株式の先物取引

株式を将来のあるときに特定価格で売買する権利を取引するのが先物取引です。将来会社が成長するのであれば買う権利を購入して、失速するのであれば売る権利を購入して投資をします。

株式を買う権利は会社が成長して、実際に株の値段が増えれば利益は出ます。しかし会社が衰退して株式価値が下がれば損をしてしまい、権利は終了期間が決められているからロスカットされるのです。

少額の資金で多額の先物取引ができるため、利益を多く出せる魅力があります。ですがデメリットも大きい取引だから、投資をしたことが無い初心者にはオススメできません。

FXや外国為替取引

外国の貨幣と自国の貨幣との値動きを推測して、お金を取引することで利益を得られるのがFX。先物取引と同じくFXは自己資金よりも大きな運用ができるから、利益を出しやすいのがメリット。

ですが損失が発生した時には、自己資金で運用するよりも多額のロスが発生します。自己資金以上の取引はリスクがかなり大きく、初心者が投資先として選ぶのはやめたほうがよいです。

もし外国為替取引をしてみたいのであれば、自己資金だけで運用すると良いですね。金融知識を身につけて取引に慣れてきたら、レバレッジを効かせて大きな取引をしてみましょう。

投資初心者が気をつけるべきポイント

今ではユーザーに投資させることで手数料を得たい会社が多く、中には「お金をこちらに預ければ利益を出せる」と宣伝するところもあります。投資初心者にとって重要なことは、簡単に儲かる話はないことを理解することです。

利益はすぐに発生しない

投資は一般的にリスクが大きいほど、リターンも大きくなる仕組みです。先物取引やFXといった投資は自己資金以上に運用できるから、利益がその分大きくなります。

投資信託や単元未満株では自己資金で運用するから、大して利益が発生しないのです。小さいリターンを溜めていくことで、リスクを減らして確実に資産運用していくことができます。

リスクがないのにリターンがある投資はあり得ないのです。確実に利益を積んでいくことで、最終的に大きな利益を作れます。最初は利益が少なくて当たり前であることを理解しましょう。

お金を儲けるなら副業もオススメ

老後の資金や将来のライフイベントのために、お金を投資したい人は多いでしょう。ですが投資はお金を持っている人がより利益を出せて、お金を持っていない人は大して儲けられません。

お金がなくて困っている人がするべきことは、投資をすることではなく副業をしてみることです。今ではインターネットが発達しているから、スキルがなくても収入を増やせます。

特に商品を安く買って高く売る転売は、仕事のやり方を覚えやすく短時間労働でお金を稼ぐことが可能です。口座に資金が少ない人は、投資ではなくお金を自分で稼ぐことを意識しましょう。

投資資金を作るためにまずは転売を始めよう

投資は多額のお金を持っていないと小さな利益しか出せず、お金を儲けるには時間がかかります。将来のことを考えてまずその投資資金を作るために、副業をしてみるといいでしょう。

初心者におすすめな副業として転売が挙げられます。
転売の場合、不用品販売から始めることで資金0から始めることができ、最近はフリマアプリなど出品できる場所も充実しているので、初心者が始めやすいネットビジネスです。

当メディアでは不用品販売から資金0で稼ぐ方法を公開しています。まずはこちらで投資の種銭を作ってみましょう
資金0からの転売デビュー講座①【不用品販売編】

 

The following two tabs change content below.
転売の学校

転売の学校

転売ビジネスに興味のある転売未経験の方から、既に始めているけどもなかなか利益が上がらない人に向けた、転売に関する情報を発信しています。転売ビジネスのポイントをご紹介し 安心して、より安定した大きな利益が得られるためのノウハウをお届けいたします!

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。