商品が売れない!!4つの原因と2つの対処法を伝授!

せどり初心者やこれから始めようと思っている方にとって、「売れなかったらどうしよう」という不安は常に付きまといます。
今回はそうならないために、ある仕入れサイト(ツール)を活用し商品を確実に売りさばいていくためのコツや売れない原因を解説していきます。

 カテゴリ:
 タグ:

ども!
しゃもです^^
せどりやり始めの一番の心配は「資金が回らなかったらどうしよう・・・」ということですね!
せどり初心者の頃こそ、しっかりと売れる経験を積んでいく必要があります。今回は商品が売れない!!となってしまった場合のいくつかの原因とその解決策をお伝えしていきますね^^

売れない原因

売るための戦略や考え方も大事ですが「そもそもなんで売れないのか?」がわからないと手の打ちようがありませんよね!
今回はまず売れない原因を理解していきましょう!

そもそもの需要

まず、覚えておくべき売れない理由1は「需要がない可能性がある」ということです。
国内Amazonせどりでは王道の仕入判断基準として「モノレート」というサイトを使いますよね。あなたも一度は見たことがあるかと思います。

モノレート
https://mnrate.com/

モノレートはAmazonに掲載されている商品の

  • 価格変動
  • 出品している人数の変動
  • ランキングの変動

を見ることができます。

また、商品によっては【その商品を「モノレートを使って売れ行きを見た」人の人数】という意味で「モノレートユーザー」の変動も見ることができます。
モノレートはそれぞれのグラフの「関係性」さえわかってしまえばいいのですが、売れるか売れないかはそもそもの需要。つまり、「ランキングの変動」がしっかりあるかどうかをまず見る必要があります。

下の画像の例は「ランキングの変動」がないものの例です!

クリックで拡大

こういった商品はそもそも人気がない可能性があるので、仕入れ判断の段階で注意をしていきましょうね!

適正価格の見間違い

ここで覚えておくべき売れない理由2は「高すぎる」ということです。
【オレ様価格】という言葉がせどり界には存在します。(笑)

オレ様価格とは簡単に言うと「相場を無視した高値の値段設定」のこと。つまり、単純に高いんです。(笑)
なぜ高いのかというと、出品者が少なかったり、自分1人だけといった状況だと【高くても買いたい】という人がいるので、その人へ向けた値段設定にしているということですね!
とはいえ、やはり相場を無視しているのでかなり高めになっている場合もあります。仕入判断の時に【オレ様価格】で出品されているものをみつけ「利益が出る!」と思っていざ仕入れたら、【高すぎて売れない】ということがあります。

せどりし始めの頃は特にこれに注意する必要がありますね、モノレートは単純にランキングだけ「見て売れるか売れないかを見るだけ」ではなく【価格】【出品者数】【ランキング】【モノレートユーザー】の関係性を見ていくようにする必要がありますよ!

ライバルの急増

3つ目の理由はライバルの急増です!

ライバルが増えると、中にはカート価格をしっかりとりにくるセラーがいるので、カート価格に合わせた出品者多くなった分、自分の在庫から売れていく割合は低くなってしまいます。

ライバルが増える要因としては

  • 大手チェーン店などで大量に出回った
  • 品薄状態だったものが再販売された
  • テレビやメルマガなどメディアで紹介された

といった要因が考えられます。

新品vs中古

今回紹介するなかでの最後の理由は【新品と中古の売れ行きの勘違い】です!
これ、僕もせどりし始めの時やってしまってましたので要注意です><
こちらの画像を見て見てください!!

新品で出品されている期間はわずかしかなく、新品が在庫切れの状態が長引いている。にも関わらず、ランキングを見るとしっかりと売れている動きをしています。
Amazonのランキング付けの関係上、【新品が売れても中古が売れてもランキングが変動する】ようになっているので、新品は売れていないにも関わらず、中古が売れた場合はしっかりとランキングが上位に動くわけですね。
【すごく売れ行き良い!】と思って仕入れた新品商品が、【実は中古ばかり売れていた】なんてこともありますので要注意ですよ!

ちなみに、僕が今までせどりをやってきた経験上、中古もよく売れているなーと思うカテゴリは

  • 本などのメディア商品
  • DVD
  • ゲームソフト / ゲーム機本体

この辺りが中古もよく売れていることが多く、新品の売れ行きと勘違いしてしまいやすいです!

売るために大事なこと

売れない理由がわかったところで、これから大事なことは【どうやって売ったらいいの?】ということです!
売れない原因がいくら理解できても、売れなければ意味がありませんよね。(笑)
ここからは【売れ残ってしまっている商品を売ること】について解説していきますね!

適正価格を知ろう!

売れない原因でも話しましたが、せどりをしていると【オレ様価格】というものがあります。オレ様価格は「高値すぎて売れない」ことがあるので、まずは売れ残ってしまっている商品の、本来の売れる価格帯を見極めていきましょう!

売れる価格帯を見極めるには、モノレートで見る期間を直近3ヶ月だけでなく、長期で見てみましょう!最近は全く売れてない商品が、実は過去にはたった数百円下げるだけでしっかり売れていた!なんてことがあります。
適正価格がわかったらその値段に合わせていきましょう。

カート価格に合わせよう!

ライバルが増えてくると、値段変動もこまめに起こることがあります。数円下げたり、数十円下げたり、いきなり数千円下げてくるセラーもいますね。
下がりすぎてしまった商品は「相場が戻るまで待つ」ことも良いです。でも、資金繰りの面や早めに現金化する必要があったり、ライバルがとてつもなく増えてしまった場合は一旦売ってしまって、別の仕入資金に回すのもありです。

売るという判断をするのであれば、しっかりとカート価格に合わせましょうね!

カート価格を在庫管理画面に表示させよう!

出品者が多いと値段も変動しやすいので、少なくとも1日に1回は在庫の金額がカート価格と合っているか確認をしましょう。
カート価格を確認しやすいよう、在庫画面にカート価格を表示させておくと便利なので、その手順を載せておきますね!

まずはご自身のセラーセントラルから
「在庫」>「在庫管理」と進んで、移動したページ右側にある「設定:非表示◯項目」というのを選択しましょう。

移動したページの中に「カートボックス価格」という項目があります。この項目の左側の□にチェックを入れて、ページ下側にある「更新」を押しましょう。

更新をしたらもう一度「在庫」>「在庫管理」と進み、商品一覧の中に「カートボックス価格」が表示されているか確認しましょう。

この時点でカートボックス価格が表示されていれば設定はOKですね!

最低価格とは別にカートボックス価格が表示されるので、【間違えて安すぎる価格で出品してしまう】というミスも防ぐことができますよ^^

ポイントも要チェック

FBAユーザーで、且つ値段が安いとカートボックス価格を取りやすくなりますが、稀にAmazonポイントを付けることで、実質値引をしてくる出品者もいます。
その場合も在庫管理画面のカートボックス価格にはポイント付きで表示されますので、単純な値引でカート価格に合わせるとともに、ポイントの設定も忘れずに付けておいてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
せどりで売れない場合の基本的な対処方法を紹介しました!まずは適正価格を知り、カート価格にしっかりと合わせ、需要ある商品の仕入れ判断をしていきましょう!
また、どうしても需要がないという商品を仕入れてしまった場合は、思い切って返送をして、メルカリやヤフオクなどで売るというのも手です。

無駄な在庫を持たず、しっかりと回転させることで資金繰りを楽にし、新たな仕入れチャンスを逃さないようにしていきましょうね!!

 

The following two tabs change content below.
しゃも@ラクソク

しゃも@ラクソク

借金状態からせどりスタート、6か月後には会社員時代の給料を超える収入を獲得。
せどりコンサルスクール「せどりアカデミー」を実施し、コンサル生の8割が月商200万円超えを達成。ツールと大量のデータを掛け合わせた【ラク】で【ソク】結果が出るせどりノウハウを発信。
奥さん&ネコと北海道の片田舎でまったりスローライフを満喫。

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。