あなたがAmazonに刈り取られる?!不良在庫で損しない【3つの対策】!

仕入れた商品を在庫として売り時まで保管しておきたいものですが、あまり大量に抱えてしまうと資金繰りがよくないですよね。しかも保管が長期に及んでしまうと、Amazonから長期保管料が請求されます。そうなると更に圧迫・・・。そうならないためにも、在庫をどのように捌いていくべきかをまとめました!

 カテゴリ:
 タグ:

ども!
しゃもです^^
僕は普段の仕入れでは「1ヶ月以内の販売」を目処の仕入れをしています。でも、どうしても欲が出て買いすぎてしまったり、思ったよりも販売数が伸びずに《不良在庫》になってしまうことも・・・
しかも!不良在庫は【あるだけで損】してしまうんです。
今日はその理由と対策について解説をしていきますね!^^

そもそも不良在庫とは?

そもそも「不良在庫」とは何でしょうか?
実はこれって【明確な定義】自体は無いんですね。
例えばクリスマス商戦に向けて夏から仕入れ、商品を寝かせておいている人なんかもいますし、予想以上に値下がりしてしまって、相場が戻るのを待ってるなんて場合もあります。
単純に売れない商品はもちろん不良在庫ですが、売れるのを見越して残しておくのは決して不良在庫では無いんです。
なので、不良在庫に関してはこの記事を読んでいるあなた自身の中で定義していく必要がありますね!
とはいえ、寝かせる商品、売れない商品ばかりが増えるとデメリットがあるので、それはおさえておきましょう!

不良在庫がある単純なデメリット

資金繰り

大量に商品を購入して「これは4ヶ月後に売れるから・・・」と、残しておいては、翌月や翌々月の支払いが必ず苦しくなります。
せどりは仕入れてから売るのが基本、仕入れには支払いが付きまといますし、商品が売れなければ現金化はできません。当然ですよね!笑
なので、寝かせる商品、相場が戻るまで待つ商品があるのはもちろん構いませんが、寝かせる物ばかりではなく、すぐに現金化できるような回転の早い商品や季節品も同時に取り扱うようにしていきましょうね^^

場所の圧迫

もしあなたが全ての商品FBAに送っているのであれば、普段は感じないかもしれませんが・・・。僕らは【自分たちが思っている以上に大量の商品】をAmazonの倉庫に送っています。
自己配送用に管理している場合もそうですね。自宅のスペースや倉庫のスペースをとることになってしまいます。
よく、僕にせどりを教えてくれた先生方からも言われますが「場所はお金」です。ワンルームを借りればワンルーム分の家賃が、一軒家を買えば一軒家分の家賃が、体育館を借りれば体育館分の家賃がかかります。
手持ちの商品が増えれば増えるほど、管理する手間と場所代がかかることは必ず頭に入れておきましょうね!

Amazonからさらなる搾取が

つい先日Amazonからメールが来ましたが、このメールをあなたは見ましたか?

このメールの内容は【長期保管になってる商品に、保管量かかるよー】というものです。
あなたの在庫に保管料がかかるかどうかはこちらのリンクから見れますので、必ず確認してくださいね!

というのも、Amazonでは長期在庫の保管に関して手数料をかけているんですね。

Amazonで確認する場合はこちら

この【長期在庫保管手数料】は2月15日と8月15日に確認されます。あなたの在庫は大丈夫ですか・・・?
《やばい、長期保管の在庫めっちゃある・・・!》となった場合でも大丈夫!今からできる対策を教えますね!

対策1

対策1はめちゃめちゃシンプルですが、、、売ってしまいましょう!笑
Amazonでの販売は基本的には「カート価格を取る」に限りますが、商品の需要はやはり値段によっても左右されます。
「ずーっと売れないなー」と思っていた商品でも、思い切って値下げをした途端に売れた、なんてこともしばしばあります。
そもそもカート価格になっていない商品はカート価格に、カート価格を取っているのに売れない商品は思い切って相場を破壊してしまいましょう。
「ちょっとでも利益を・・・」と言って、数百円のために何万もの長期保管手数料を取られるのは馬鹿ばかしいですよ!

対策2

対策2はズバリ、返送です。
Amazonでは一度納品した商品でも返送ができます。

返送の方法は

  • セラーセントラルにログイン
  • 「在庫」タブから「在庫管理」を選択
  • 返送したい商品の左側にあるチェックボックスにチェック
  • 「選択した商品を一括変更」タブの中から「返送/所有権の放棄依頼を作成」を選択

この手順で返送依頼を掛けることができます。
以前コンサル生用に撮影した返送や廃棄の仕方の動画がありますので、こちらも参考にしてみてくださいね^^

返送した商品は保管していた期間がリセットされるので、戻ってきた商品を再度FBAに納品すると在庫日数は0日からスタートしますよ^^

対策3

対策3は・・・普段からの仕入れに注意する。これに限ります。
僕も今回の記事を書いてみて衝撃の事実を知ったのですが、、、意外にも一度仕入れて販売したことがあり、リピートしている商品が過剰になりがちになっていました。。。
「一度売ったことがあるから」と慢心せず、都度売れ行きやライバル数はチェックし、月間の販売量を予測した上で仕入れと販売をしましょうね!
ちなみに・・・

  • Amazonセラーセントラルログイン
  • 「在庫」タブの中から「在庫健全化ツール」を選択
  • 「ダッシュボード」を選択

この操作で今のFBA在庫のざっくりとした保管期間を見ることができますよ!

できれば在庫日数が0-90日の物を100%にしていきたいですね(汗
普段からの意識を徹底していきましょう!

まとめ

いかがでしたか?
基本的には不良在庫は百害あって一利なしです!
そもそもの売れ行きが悪いものは価格を下げて捌いてしまい、まだまだ相場があがる見込みがある商品は一旦返送をかけて、しっかりと相場が戻ってきた時点で再度FBAに納品をしましょう。
この夏の対策を一時的なものではなく、普段からの仕入れを意識することで、常時しっかりと回転していく商品をラインナップしていくことをお勧めしますし、僕も実践していきます!^^

【関連記事】

 

The following two tabs change content below.
しゃも@ラクソク

しゃも@ラクソク

借金状態からせどりスタート、6か月後には会社員時代の給料を超える収入を獲得。
せどりコンサルスクール「せどりアカデミー」を実施し、コンサル生の8割が月商200万円超えを達成。ツールと大量のデータを掛け合わせた【ラク】で【ソク】結果が出るせどりノウハウを発信。
奥さん&ネコと北海道の片田舎でまったりスローライフを満喫。

転売の学校の公式LINE@に登録すると今なら、

・無料で仕入れることができる商品リスト(これだけでタダで数万手に入ります)
・登録者限定せどり・転売の最新情報配信
・転売の学校ライター陣による疑問質問回答

などの特典無料プレゼント!

せどり転売やっている、興味がある人ならとりあえず登録しておいて損はない内容です。

登録は今すぐバナーのQRコードをスキャン、もしくはバナーをクリックください。